外観中身と同じぐらいに外観が大切な時代

外観中身と同じぐらいに外観が大切な時代

「人は見かけによらぬもの」という諺がありますが、最近は見かけで人を判断したり見かけで飲食店を判断してします傾向にあります。
過去数十年の間に世の中はテレビや映画、雑誌をもとより数多くの写真や映像でなんでも表現する時代になっています。
インターネットの出会い系サイトに出てくる履歴などの情報や写真で異性を判断してお付き合いする方も増えていますし、ネットショッピングなどでは実際の品物にても触れていないでネット上の写真と情報だけで品物を注文します。

 

 

 

勿論のこと、昔から「お見合い写真」はありましたが、縁談を進めるのは実際に「お見合い」をして食事などをしながら時間を掛けてお互いを確かめ合ったものです。
しかも、飲食店のPR手法もインターネット時代ですからネット上でオームページなどで飲食店の料理や内装の写真を見るのと、同時に飲食店関係の口コミサイトなどで評判を確かめて自分たちが利用する飲食店を決定します。

 

宴屋は上野でオススメの居酒屋です

 

言い換えれば現代は実際に現物を確かめないで写真と情報だけで飲食店も異性も決める時代になっています。
ですから何事も判断材料として「見かけ」を大切にする時代になっていますの、飲食店経営でも外観からインテリアは当然ですが料理も盛り付けの美しさが先行します。
飲食店の見せかけの外観やインテリアで料理の味まで推測するという時代ですから、昔のように「外観より中身」という発想だけでは現代の方々には理解してもらえません。
見た目が良ければ味もよしになる時代ですので、食材の良さと調理技術は大切ですが外観と見た目が良くなければ評価が探す時代になっています。

 

豊橋駅近くにあるコスパ最強な居酒屋。

 

このような時代を逆手に取って、ネットに掲載される写真や店の入口にある看板などの外観に力を入れてビジュアル面で一定の評価を得られれば、味と調理技術やサービスに自身があれば成功する確率も上がります。

 


このページの先頭へ戻る