外観で飲食店の良否を推測する

外観で飲食店の良否を推測する

街を歩いているといたるところに飲食店があります。

 

しかし、初めての店ですと店内の雰囲気も分かりませんし料理の味も分かりません。

 

名駅で人気の居酒屋なら小料理バル ドメ

 

うっかり入ってしまって料理のまずさにがっかりすることもあります。

 

外観からは中々本当のところは判りませんが、注意深く観察しますとある程度の状態は予測出来ますので参考にしてください。

 

中に入って料理を食べてみなければ本当の料理の状態は判りませんが、外観からでも飲食店としての経営に対する熱心さや経営姿勢を汲み取ることが出来ます。

 

蒲田のスポーツバーB/65536

 

一生懸命に頑張っている姿勢が分かれば、大きく期待を裏切られることは少ないと考えます。
◆外から見分ける為のヒント
1,外観となる入り口周辺は店の大切な顔です。
  この大切な顔に対して手入れも掃除もしないで放置しているようでは経営者や管理している責任者の姿勢に問題があると判断出来ます。
  外に面しているドアや看板、植木鉢等が手入れもされて無く植木も彼かかっているようでは店内や料理に対する姿勢も伺い知れます。
2,問題は古さではなくて手入れや清掃にたいする気持ちと姿勢です。

 

4, 看板やチラシに表示しているメニューと店内の写真なども、重要な参考になります。
料理や店内の雰囲気を表す写真などが色あせていて汚くなったままの状態で平気でいられる様では自分たちが提供する料理に対しても熱心ではないと考えられます。
5, 中を見なくてもランチタイムやディナータイムの客の出入りが多い店は評判が良い店の確率は高いでしょう。
中から食べ終わって出てくる客の顔を見れば満足しているか後悔しているかが分かります。
人は美味しいものを食べたあとは自然に顔にうれしさがこみ上げてくるものです。
6,看板や置いてあるチラシなどに料理人や店長の気持ちが伝わる添え書きなどがある店からは熱心さが伝わってきます。

 

 


このページの先頭へ戻る