雰囲気は人が作るもの

雰囲気は人が作るもの

「人は見かけによらない」とか「見掛け倒し」という言葉がありますが、飲食店にも見かけと中身が違うことがあります。
外観は立派な店でも中に入って料理を注文しても従業員の態度も悪くて感じ悪くて、料理もまずい飲食店があります。
その逆に外観は立派な店とはお世辞でも言えないが従業員も感じが良くて料理の味は最高に良いという飲食店もあります。
東京の赤坂の住宅地に近い小さな飲食店に入ったことがあります。

 

 

 

外観は古くて決してキレイとはいえませんが、中に入ると店主の趣味で乱雑に並べられた西洋の骨董品が何とも不思議な雰囲気を表しています。
イギリスのどこかに有りそうな雰囲気かもしれませんが西洋の骨董家具と骨董雑貨が初めは奇異な感じがしましたが、慣れて来ると素敵な空間に感じられます。
30代後半ぐらいのオーナーシェフご夫妻が経営するフランス料理を基本にしてイタリアンのパスタや日本式のオムライスまで料理してくれます。
素敵な奥さんが気さくにサービスを担当していますが、とても気配りもよく何よりも出てくる料理のどれもが素晴らしく美味しいのです。
しかも、料金がリーゾナブルで近隣の方達が自宅の台所の代わりに気軽にランチやディナーを食べに訪れます。

 

五反田の居酒屋を個室の良さで選ぶ

 

周辺には気の利いたレストランが無いので近隣のお客様がアットホームな雰囲気でお客同士も仲間気分になれる素敵なレストランです。
入るまでは外観からは余り美味しそうには見えませんでしたが、これほど美味しくてポリシーのあるレストランは珍しいのではと感心しました。
外観や内装も大切ですが、やはり経営者の姿勢が大切なことと「雰囲気はお客様がつくる」ものの良いサンプルになるレストランです。

 

 


このページの先頭へ戻る