差別化

差別化

レストランが沢山ある激戦区において少しでもお客さんに足を運んでもらうためには、まず外観を工夫しなくてはなりませんよね。同じような外観だったり同じような雰囲気のお店をその激戦区に出しても他のお店との差別化を図ることは出来ません。

 

所沢の居酒屋なら個室選びが大事

 

そこで激戦区の場合には他のは一味違う雰囲気の外観にすることが大切です。例えば、大げさかもしれませんが、高級レストランが立ち並ぶ一角があったとします。そこで他のお店と差別化を図るには、外観を高級レストランぽくするだけではいけません。既に他のお店の外観は綺麗に整えられていますし、完璧な外観です。そこで他のお店との識別力を高めるには、「超」高級っぽい外観にすることが大切なのです。超高級レストランぽいと、気軽にお店に入って来れない感じがすると言う風に思う人も沢山いるかもしれません。

 

茜屋 新宿東口駅前店

 

しかし、そんなことはありません。既に高級レストランが立ち並ぶ一角に足を運んでいるお客さんは「超」高級なレストランな店構えであっても足を運んでくれます。同じように焼鳥屋さんなどの庶民的なお店が立ち並ぶサラリーマンでごったがえす町では高級レストランのような外観をしても素通りされてしまうだけです。

 

熊本で人気の個室の飲み屋さんです

 

同じような焼鳥さんのような庶民的なお店ながらも他のお店とは雰囲気が違うお店にすることで、他店との差別化を図れ、通りを歩いている人に目新しい感じを植え付けることができ、その結果、美味しそうなお店に見えるのです。他店とどれだけ差別化をすることが出来るかが、美味しそうなお店に見えるコツなのです。


このページの先頭へ戻る