飲食店の雰囲気作り

飲食店の雰囲気作り記事一覧

雰囲気

人間って一人一人の個性が外見に現れるって言いますよね。実はそれって人間だけに当てはまることではないのです。レストランだって同じなのです。どんなに内装が綺麗であっても、どんなに外観を綺麗にしていたとしても、そのレストランの雰囲気を作ることは出来ないのです。そのレストランの支配人なりシェフなりの働く姿勢であったり、お客さんやお料理に対する姿勢が雰囲気となってにじみ出てくるものなのです。またその魅力に惹かれてやってくるお客さんがお店の雰囲気を作るのです。たとえば、立ち飲みの焼鳥屋さんがあったとします。外観からは誰もが気軽に入ることが出来る庶民的な居酒屋さんっぽい感じです。それなのに来ているお客さんは...
続きはコチラ

雰囲気は人が作るもの

「人は見かけによらない」とか「見掛け倒し」という言葉がありますが、飲食店にも見かけと中身が違うことがあります。外観は立派な店でも中に入って料理を注文しても従業員の態度も悪くて感じ悪くて、料理もまずい飲食店があります。その逆に外観は立派な店とはお世辞でも言えないが従業員も感じが良くて料理の味は最高に良いという飲食店もあります。東京の赤坂の住宅地に近い小さな飲食店に入ったことがあります。外観は古くて決してキレイとはいえませんが、中に入ると店主の趣味で乱雑に並べられた西洋の骨董品が何とも不思議な雰囲気を表しています。イギリスのどこかに有りそうな雰囲気かもしれませんが西洋の骨董家具と骨董雑貨が初めは奇...
続きはコチラ

外回り位の雰囲気で違う集客数

人通りの多い繁華街に位置する飲食店では外観の作り方で通行する人達をお客様として取り込むことが出来ますので入り口周辺のデザインが重要な販促手段になります。また、駅ビルや大型ショッピングモールなどに有る飲食店はほとんどのお客様が通勤などの途中やショッピングに見える方々が対象になりますので、いわゆるお得意様と言うよりは初めて来る方が多くなります。勿論ですが、以前に来店して気に入ったので再度見える方もおりますが、多くのお客様は他の目的の途中で看板や店の入口周辺の雰囲気などを見て判断してはいってきます。駅ビルや大型のビルなどでは飲食店のフロアーに数多くの店舗が軒を連ねておりますので、お互いに競争するよう...
続きはコチラ

外の告知の大切さ

飲食店の外観からの雰囲気が第一印象に大きな影響を与えていることは事実です。外観を決定づけるには入り口周辺の雰囲気と看板などのサインと料理サンプルや写真などがあります。店舗の入り口周辺の壁などの面積が幅広く大きく取れる場合にはレストランの扉と壁やサインで雰囲気が表現出来ますが、地下に位置していて直接地下にはいる形の店舗などでの入り口には看板ぐらいしか出せません。このように立地条件で入り口などの外観を表現する方法が限られてきますので、初めてのお客様を取り込むのが難しくなります。店内の雰囲気や料理のメニューを写真などで表現するにも、写真は日光に当たりますとすぐに劣化して汚くなりますので返って雰囲気も...
続きはコチラ

時代の変化と人の感性

インターネットやアイフォン等が急速に発展する時代ですから便利な時代になっておりますが人々の感性も大きく変わってきています。時代がエスカレートしてテレビでもインターネットでもタレント等が個人のセックス遍歴まで平気で暴露する時代ですから、昔なら下品なセックスネタでも恥ずかしさもなく話す事もあります。このような時代では飲食店の利用の仕方に男女の区別はなくなって女性も合コンなどで大胆な行動も平気にするようになっています。若いカップルだけでなく年齢差のかなり大きな違いがあるカップルでも居酒屋などで人が見ていても酒の力の勢いで愛を告白したりキスもします。このような時代での飲食店では、料理の味やサービスも重...
続きはコチラ

綺麗なお店

今までは中身さえよければ外見なんて良いという風に言われて来ましたよね。確かにそうかもしれません。人間も同じです。性格が良ければどんな格好をしていても良いのかもしれません。しかし、恰好が汚らしいと近寄りがたい感じがしませんか?どんなに性格が良いと言われていても、恰好が汚いと友達になろうという風には積極的には思えないと思います。それは人間に限ったことではありません。レストランも同じなのです。どんなに美味しい料理を提供するレストランであっても、外見が汚いと入りたくないって思いますよね。逆に言えば、レストランの入り口や外壁などが綺麗であれば美味しそうな雰囲気を醸し出しているように感じませんか?レストラ...
続きはコチラ

リピーター獲得の為にはBGMが鍵となる

BGMの効果は、私たちが思っている以上に大きいことを知っていますか?飲食店で流れているBGM、実は料理のジャンルに合わせて選ばれているのです。例えば高級料理店ならばクラシック音楽を流して落ち着いた雰囲気を作りますし、トルコやインドなど異国料理店ではその国に合っている音楽を流して、あたかもその地にいるように思わせたりします。お店で流れているBGMは、店長の好みや気分で変えているわけではないのです。お昼と夜、わざとBGMを変えるのもお店の売り上げアップの戦略でもあります。お昼はお客様の回転を出来るだけ早くしたいと考えるお店が多く、BGMもテンポの良いものを流していたりします。テンポが良いBGMは自...
続きはコチラ

コンセプトが一目でわかるお店

居酒屋やレストランなどの飲食店は、清潔感を第一に営業をしているお店がほとんどです。食物を扱うお店ですから、これから自分が口に入れるものが不潔かもしれないとお客に感じさせてはいけないからです。清潔感以外にも、お客に対するイメージによってそのお店の印象を大きく左右するものがあります。それは、内装やBGMなどから伝わるコンセプトです。店員がセーラーのような制服を着ていたり、お店の内装が船を彷彿とさせるような造りになっていると、このお店は海産物が美味しいのかなというイメージを抱きやすくなります。「オススメメニューはお刺身です」と堂々と表記されるよりも自然なアピールになりますから、押しつけがましさがあり...
続きはコチラ

飲食店フロアの店頭は目立つだけではいけない

飲食店が多数連なっている飲食店フロア、美味しそうなにおいが漂っていますよね。これもまた、五感を刺激することで集客を狙っています。さっきまで満腹だったのにお腹が空いたような…という気分になったことはありませんか?実際はあまりお腹が空いているわけではないのですが、においによって錯覚してしまい小腹が空いたように感じるのでしょう。しかし勘違いしないでください。飲食店フロアでは、においだけ漂わせていれば集客できるという単純なものではありません。お店の前などにメニューの写真や食品サンプルを展示しているのを目にした事があると思いますが、これもまた五感を刺激する1つの方法なのです。目でどんな食べ物が食べられる...
続きはコチラ

アメニティがおもてなしの心を表す

衣食住のうち、私たちが普段から気を遣うことが多いものといえば食の部分です。食生活は健康状態を大きく左右しますし、人と人とのコミュニケーション手段としても食というツールを用いることがよくあります。最近では、居酒屋やレストランで親睦会や飲み会を行うことで親交を深めるのが一般的になりました。そんな飲食店がどれほどお客をもてなしているのかを表す指標として、アメニティに注目してみましょう。アメニティというとホテルに置いてある石鹸やブラシなどを思い浮かべがちですが、飲食店においてもお客が快適に過ごせるように提供しているグッズをアメニティと呼びます。アメニティにこだわりを持っているお店で飲み会やイベントを開...
続きはコチラ

お店の看板で情報を得よう

看板がある飲食店は多いですよね。しかしその看板、ただ単に建てているだけではあまり意味が無いことを知っていましたか?全国に名の通っている飲食店ならば良いのですが、知名度が低いお店はどうでしょう。お店の名前だけが看板に書かれていても何が食べられるのか、どんなお店なのか書かれていないと何一つ情報を得られないことになります。行ってみて嫌いな食べ物ばかりだった、今食べたい気分のものではなかった、値段が少し高かった、なんてことの無いように私たちはお店の情報をある程度得てから行きますよね。看板にはお店がここにあると示すだけでなく、情報を与える役割も担っているのです。特に居酒屋では、看板が重要となります。居酒...
続きはコチラ

スタッフがお店の質を決める

飲食店へ出掛けたとき、全く転任がいないお店を見たことはあるでしょうか?いくら機械化が進んだ現代であっても、飲食店という臨機応変さが求められる現場ではまだまだ機械よりも人間の方に分があります。居酒屋やレストランではお客同士のトラブルが起きる可能性もありますから、それに対処するにはやはり人間の力が不可欠なのです。いくら料理やお酒が美味しくても、店員の態度が悪いとお店そのものの魅力が半減してしまいます。反対に、優れたスタッフがいるお店はそれだけで飲食店の顔と成り得るのです。お客が満足出来るような飲食店を探したいときは、店員の良し悪しを1つのポイントになります。例えば、会員カードなどを作るタイプの飲食...
続きはコチラ

清潔感あるお店を見抜くには

最近では、飲食店で会議や打ち合わせ、商談などを行うケースが増えてきました。オフィスの中に会議室が無い、いつもの商談とは違った雰囲気を演出したいという目的を果たすには、飲食店が最適です。居酒屋やレストランには個室が完備されているお店も多いですから、他の人が聞き耳を立てているかどうか心配する必要もありません。しかし、自分たちが管理しているわけではない飲食店を会議や商談などで利用する場合、1つだけ注意しておきましょう。それは、そのお店の清潔感です。ビジネスにおいて飲食店を利用する際には、お店の価格帯よりも清潔感が重要といえます。なぜかというと、いくら高級なお店であっても不潔な箇所が少しでも見えた場合...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る