メニューでイメージを

メニューでイメージを

メニューがあれもこれもと種類が豊富だと美味しそうな感じがしませんか?皆さんもお寿司屋さんに行ったことがあるかと思います。お寿司屋さんではメニューといったメニューを置いてあるところは多くなく、お寿司のネタが書かれているだけです。それだけで美味しそうですよね。あれも食べたいし、これも食べたいと言う風に食欲を増しませんか?お寿司屋さんに限らずに、他のレストランも同じなのです。

 

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000667/

 

メニューが豊富だと、色々とどんな料理なのかな?という風にイメージが湧いてきますよね。そのイメージをお客さんに湧かせることが美味しそうなお店を作ることになるのです。レストランの外にメニューが開いておいてあったり、黒板にチョークで書かれていると、立ち止まってどんな料理なのかな?って創造しますよね。写真が掲載されてあると簡単に料理の想像がつきます。

 

新宿 居酒屋 個室なら美羽

 

しかし写真が掲載されていないとどうでしょうか。どういう料理なのかな?グリルなのか?煮込んであるのかな?とか色々とイメージを頭の中で膨らましますよね。是非メニューを全てでなくても一部だけでも構いませんので、外に置いておきましょう。黒板なんかにチョークで今日のお勧めメニューや、今日取れたての新鮮な野菜やお魚を書いてあるだけで足を運んでみたくなるお店になってしまうのです。

 

難波の個室居酒屋 花凛-karin-

 

もちろんメニューが汚かったり、黒板に書いてある文字が汚すぎて何が書いてあるのか読めなかったりするのは問題外です。ピカピカに磨かれたメニューが置いてあり、綺麗な字で黒板に書かれている、それだけで美味しそうなお店になるのです。


このページの先頭へ戻る