メニューがある?

メニューがある?

何となく美味しそうなお店ってありますよね。友達から「あそこのお店美味しいよ」とかテレビや雑誌などで取り上げられているお店などといった外部からの情報があれば、美味しいお店として認識しますよね。しかし、そういった外部の情報が一切ないのにも関わらず、ただ単にそのレストランの前を通っただけで美味しそうな感じがする。それは何でなのでしょうか。

 

渋谷で女子人気のあるチーズフォンデュ

 

良くレストランの前にメニューが出ていますよね。そこで一緒に写真が載っているメニューもあれば、写真がなく、ただ文字だけのメニューもあります。皆さんどちらが美味しそうに見えますか?写真が載っている方だと想像が出来ますよね。たとえば、フランス料理に行った時のメニューを思い出してみて下さい。フランス語で書かれたメニューでカタカナが振ってあっても、何の料理かさっぱりまるで分からないっていうこと経験したことないですか?

 

 

 

そんなとき、メニューの横に写真があるとどうでしょうか。「こういう料理なんだ、美味しそう」って思ったりしますよね。そうなんです。写真があることによって簡単に料理のイメージを人に与えることが出来るのです。レストランの外にメニューが置いてあって、その料理の写真が載っているだけで料理を想像することが出来ますし、何となく味を想像することが出来て、美味しそうな感じになりませんか。もちろん全部のメニューの写真を掲載すると大変な量になってしまいますよね。

 

串揚げ えんは立川でオススメの居酒屋

 

特におすすめのメニューの写真だけでも掲載してみて下さい。外観から美味しそうなお店になりますよ。


このページの先頭へ戻る