スタッフがお店の質を決める

スタッフがお店の質を決める

飲食店へ出掛けたとき、全く転任がいないお店を見たことはあるでしょうか?
いくら機械化が進んだ現代であっても、飲食店という臨機応変さが
求められる現場ではまだまだ機械よりも人間の方に分があります。

 

居酒屋やレストランではお客同士のトラブルが
起きる可能性もありますから、それに対処するにはやはり人間の力が不可欠なのです。

 

いくら料理やお酒が美味しくても、店員の態度が悪いとお店そのものの魅力が半減してしまいます。
反対に、優れたスタッフがいるお店はそれだけで飲食店の顔と成り得るのです。

 

お客が満足出来るような飲食店を探したいときは、店員の良し悪しを1つのポイントになります。
例えば、会員カードなどを作るタイプの飲食店では、店員がお客の名前を憶えてくれることがあります。

 

単なるお客の一人ではなく、きちんと個人として認識されるだけでそのお店に親近感を覚えることでしょう。
小規模なお店程常連が付きやすい理由は、ここに隠されています。

 

つまり、お店の中に入れる人数が少ないほど
お客の顔も覚えやすくなり、お客側がお店に親しみを覚えてくれるのです。

 

もちろん、店員とお客の距離感はお店のコンセプトにも関わる部分ですから、
徒になれなれしく話しかければ良いというわけではありません。

 

お店の雰囲気を壊すことなく、自然な態度で
心の距離感を縮めてくるのが良い店員といえます。

 

店員がネームプレートなどをしているお店においては、
むしろお客側に店員を覚えてもらいたいという意図を持っています。

 

スタッフを一従業員として扱うのではなく、
全員でお店を一緒に盛り上げていきたいという意識の表れです。
http://kawasaki-zin.com/


このページの先頭へ戻る