お店の看板で情報を得よう

お店の看板で情報を得よう

看板がある飲食店は多いですよね。
しかしその看板、ただ単に建てているだけではあまり意味が無いことを知っていましたか?
全国に名の通っている飲食店ならば良いのですが、知名度が低いお店はどうでしょう。

 

お店の名前だけが看板に書かれていても何が食べられるのか、どんなお店なのか書かれていないと何一つ情報を得られないことになります。
行ってみて嫌いな食べ物ばかりだった、今食べたい気分のものではなかった、値段が少し高かった、なんてことの無いように私たちはお店の情報をある程度得てから行きますよね。
看板にはお店がここにあると示すだけでなく、情報を与える役割も担っているのです。

 

 
特に居酒屋では、看板が重要となります。
居酒屋と言えば密集しているところが多く、激戦が予想されます。
私たちはどんなメニューがあるのか、何をウリにしているのか、どのくらいの値段で食べられるのか、複数の居酒屋を比較する事が出来ます。
そして比較された中で1番良いと思われたところが選ばれるのです。
看板にはお店の物語が上手に表現されると集客アップに繋がります。
例えば串もの屋ならば大々的に「串」をアピールし、1番安価なメニューを選び「1本○○円から」と書かれていると安いお店なのかどうかが分かります。
またライバル店と差別化する為に、ここでしか食べられないと印象付ける一言を入れると尚良いのではないでしょうか。
私たちにとっても、これなら看板でお店選びをしても間違った選択をすることは無くなるでしょう。


このページの先頭へ戻る