テーブルコーディネートとフードスタイリングの役割

テーブルコーディネートとフードスタイリングの役割

人間と動物の食には大きな違いがあります。
動物はお腹を満たす為だけに食しますが、人間の場合それだけでは満足できません。
お腹が減ったから食べるという理屈は一緒ですが、においや食感、それに目で楽しみながら食事をしたいと考えるのは人間だけです。
飲食店も美味しい料理を提供するのはもちろんですが、それだけではお客さんは満足してくれない、という事ですね。

 

 
料理をより美味しく見せる為には、視覚効果を考えるテーブルコーディネートとフードスタイリングが必要となります。
テーブルコーディネートは、美味しく食事をする空間を作る事が目的で、料理を盛り付けるお皿やグラス、テーブルにどんな小物を置くのかを考え、居心地のいい空間を作る為にBGMや室温までにも徹底します。
料理は美味しいけれど音楽がうるさかったり、居るだけで寒かったり暑かったりしたら居心地が悪く、もう一度行きたいとは思いにくいですよね。
居心地は良いけれど味のほうは美味しいとは言えないかも、というお店のほうが逆に繁盛したりもします。
そしてフードスタイリングは料理をより美味しく見せる為に食材の色や盛り付けを考え、食べる前に目で楽しませることを目的としています。
これはお弁当でも同じ事です。
唐揚げや肉団子、コロッケなど、どれも定番おかずですが茶色一色では見た目で楽しむ事は出来ません。

 

テーブルコーディネートとフードスタイリング、どちらも高級料理店でしか行っていないのでは、と思うかもしれません。
近所の飲食店ではどうでしょう。
少なくとも居心地の良い空間と色合いを考えたメニューは用意されていると思います。


このページの先頭へ戻る