五感の中で最も重要なのは?

五感の中で最も重要なのは?

私たち人間には味覚、視覚、嗅覚、聴覚、そして触覚の五感が備わっています。
それぞれ違う役割があり、重要な働きをしてくれます。
そして食事の際、これら五感全てが満足した時に初めて美味しいを感じる事が出来るのです。

 

味覚は辛い、甘い、酸っぱいなどの味のバランスを把握し、視覚は料理の色や形、使われている器などで食事を楽しみます。
嗅覚はにおいで美味しさを感じ、聴覚は店内に流れているBGMや調理の音、それに噛んだ時の音なども影響しています。
そして触覚に関しては、舌触りや食感のことを指しているのです。
飲食店が美味しい料理をお客さまに提供する事はもちろん大事ですが、本当にそれだけで良いのでしょうか。
味覚以外にも視覚、嗅覚、聴覚、触覚のことも考え、演出することで人気店となっていくのだと思います。

 

五感全てを完璧にしなければいけない、と思うと飲食店側としてはかなりのプレッシャーを抱えてしまうことになるかもしれません。
プレッシャーが負担になり、お店の味に影響してしまうと元も子もありません。
五感の中で特に重要となるのは、視覚と言われています。
お皿のデザイン、料理の盛り付けをはじめ、店内の置物なども例外ではないのです。
全てを完璧に、と思う前に視覚効果を考えたコーディネートを徹底することがポイントとなります。
味は良いのだけど何かが満足できなかった、というお店はもしかしたら五感の中で最も重要視されている視覚効果が欠けているのかもしれません。
客側の私たちも視覚を重要視しているつもりは無くとも、知らず知らずのうちに気にしてしまうようです。
 


このページの先頭へ戻る