飲食店の料理選び

飲食店の料理選び記事一覧

五感の中で最も重要なのは?

私たち人間には味覚、視覚、嗅覚、聴覚、そして触覚の五感が備わっています。それぞれ違う役割があり、重要な働きをしてくれます。そして食事の際、これら五感全てが満足した時に初めて美味しいを感じる事が出来るのです。味覚は辛い、甘い、酸っぱいなどの味のバランスを把握し、視覚は料理の色や形、使われている器などで食事を楽しみます。嗅覚はにおいで美味しさを感じ、聴覚は店内に流れているBGMや調理の音、それに噛んだ時の音なども影響しています。そして触覚に関しては、舌触りや食感のことを指しているのです。飲食店が美味しい料理をお客さまに提供する事はもちろん大事ですが、本当にそれだけで良いのでしょうか。味覚以外にも視...
続きはコチラ

メニューがある?

何となく美味しそうなお店ってありますよね。友達から「あそこのお店美味しいよ」とかテレビや雑誌などで取り上げられているお店などといった外部からの情報があれば、美味しいお店として認識しますよね。しかし、そういった外部の情報が一切ないのにも関わらず、ただ単にそのレストランの前を通っただけで美味しそうな感じがする。それは何でなのでしょうか。良くレストランの前にメニューが出ていますよね。そこで一緒に写真が載っているメニューもあれば、写真がなく、ただ文字だけのメニューもあります。皆さんどちらが美味しそうに見えますか?写真が載っている方だと想像が出来ますよね。たとえば、フランス料理に行った時のメニューを思い...
続きはコチラ

メニューでイメージを

メニューがあれもこれもと種類が豊富だと美味しそうな感じがしませんか?皆さんもお寿司屋さんに行ったことがあるかと思います。お寿司屋さんではメニューといったメニューを置いてあるところは多くなく、お寿司のネタが書かれているだけです。それだけで美味しそうですよね。あれも食べたいし、これも食べたいと言う風に食欲を増しませんか?お寿司屋さんに限らずに、他のレストランも同じなのです。メニューが豊富だと、色々とどんな料理なのかな?という風にイメージが湧いてきますよね。そのイメージをお客さんに湧かせることが美味しそうなお店を作ることになるのです。レストランの外にメニューが開いておいてあったり、黒板にチョークで書...
続きはコチラ

差別化

レストランが沢山ある激戦区において少しでもお客さんに足を運んでもらうためには、まず外観を工夫しなくてはなりませんよね。同じような外観だったり同じような雰囲気のお店をその激戦区に出しても他のお店との差別化を図ることは出来ません。そこで激戦区の場合には他のは一味違う雰囲気の外観にすることが大切です。例えば、大げさかもしれませんが、高級レストランが立ち並ぶ一角があったとします。そこで他のお店と差別化を図るには、外観を高級レストランぽくするだけではいけません。既に他のお店の外観は綺麗に整えられていますし、完璧な外観です。そこで他のお店との識別力を高めるには、「超」高級っぽい外観にすることが大切なのです...
続きはコチラ

メニューからおすすめの一品を探る

飲食店で働いたことがある方は多くても、実際に経営に携わる機会はなかなか無いことと思います。お店の人たちがどのような目的でメニューやインテリアを作っているのかを想像してみることで、お店の魅力や良い部分をいち早く発見することが可能になるのです。レストランや居酒屋といった飲食店には、どのお店にも得意にしているメニューというものが存在します。作っている人たちも人間ですから得手不得手というものがありますし、それがお店の個性になるのです。では、お店が最も自信を持っておすすめしたいメニューを見極めるにはどうしたら良いのでしょうか?まずは、メニュー表の形式に注目してください。飲食店のメニュー表は、大きく分けて...
続きはコチラ

テーブルコーディネートとフードスタイリングの役割

人間と動物の食には大きな違いがあります。動物はお腹を満たす為だけに食しますが、人間の場合それだけでは満足できません。お腹が減ったから食べるという理屈は一緒ですが、においや食感、それに目で楽しみながら食事をしたいと考えるのは人間だけです。飲食店も美味しい料理を提供するのはもちろんですが、それだけではお客さんは満足してくれない、という事ですね。料理をより美味しく見せる為には、視覚効果を考えるテーブルコーディネートとフードスタイリングが必要となります。テーブルコーディネートは、美味しく食事をする空間を作る事が目的で、料理を盛り付けるお皿やグラス、テーブルにどんな小物を置くのかを考え、居心地のいい空間...
続きはコチラ

このページの先頭へ戻る