外観から美味しいお店とは

料理を美味しくする条件

食を得ることは全ての生物にとっての生命維持の為の根源的な行為になります。

 

人である前に動物として人類は地上に誕生してから現在に至るまでの長い間に渡って、食を得るために生きてきたとも言えます。

 

人間の本能として「食欲・性欲・睡眠」は生命の維持にとって欠かせないものですし、子孫を未来につなげるための生命の大原則になります。

 

「最高のご馳走は空腹なり」という名言がありますが、食料が不足して空腹状態が続けば何を食べても美味しく感じますし生命がイキイキとします。

 

しかし、人類は長い間の狩猟生活から自分たちで植物を栽培したり家畜を飼育する技術を身につけました。

 

さらに、現代社会では世界中のあらゆる食料品を冷凍や缶詰、塩干物などに加工して長期間保存する技術も身に着けています。

 

また、食材の調理法も古代には焼くか煮るだけでしたが現在では、揚げる、炒める、漬ける、和えるなどの様々な方法や電子レンジなどの機器も発明しました。

 

特に昔は自分たちで料理していましたが、調理人という専門職が現れて専門の飲食店などでお美味しい料理と酒類を食べさせてくれる便利な時代になっております。

 

料理というものを美味しく食すには料理の調理法や食材の良否だけでなく、食べる側の体調や空腹状態によっても大きく変わりますし、精神的に心配事や怒りで肝情的になっている時には料理は美味しく食べられません。

 

また、食べる場所の雰囲気も大きく影響します。

 

例えばトイレの中で料理を食べさせられても美味しさは感じませんし、目隠しされて料理を見えない状態で食べても美味しさは感じられません。

 

美味しく食べてもらうための演出

美味しい料理は食材と調理の技術の良し悪しが最も大きく影響するのですが、料理を食べる行為は決して舌にある味蕾という味の感覚器官だけで味を感じているのではありません。

 

もし料理を汚物入れに入れて食べても気持ち悪く感じますし、暗闇の中で食べても美味しさは感じません。

 

さらに臭い汚物の匂いがある中で料理を食べても不快になるだけで美味しさどころではありません。

 

耳が痛くなるような強い騒音の中で食べても美味しくありません。

 

あまりに寒い凍えそうな状態では満足に食べることもできませんし、その反対に熱射病になりそうな厚い所でも食べられません。

 

さらに健康状態が優れないでインフルエンザで光熱になっている時にも食慾はありません。

 

このように、料理を美味しく食べるにはベルには料理を作る調理技術と食材の良さが当然に必要な要素ですが、料理を受け入れる側の体の状態や料理が提供される諸条件によって大きく変わります。

 

人の顔には目があって鼻と口、耳、舌、があります。

 

これらの感覚器官が顔に集中してあるように人が料理を美味しく食べるには素敵なインテリアとお洒落な器に美しく盛りつけられた料理を初めに目で楽しんでから鼻で匂いを感じて食慾を増してから口に入れて食感と味を感じて美味しさを満喫します。

 

また、それらを更に効果的にするためには美しい音色の音楽と気持ちのよいサービスが提供されますと更に効果的です。

 

ですから、評判の良い飲食店は、これらの要素をしっかり演出することで効果を上げております。

 

更新履歴


このページの先頭へ戻る